ここから本文です

その嫉妬心、思わず共感! 「彼女の旅行相手が気になる漫画」が話題に 作者「恋人に見せるつもりで…」

withnews 5/18(木) 7:00配信

 「去年ハワイに行ったんだけどさ~」。彼女がこう切り出してきた時、あなたが彼氏ならどんなことを考えますか? 「元彼だ、これ」「友達って言ったけど元彼だ」「俺とは行ってないのにな~」――。彼女のセリフに合わせて3パターンを描き分けた漫画が注目を集めています。「嫉妬深い人限定です」と語る作者に話を聞きました。

【画像】話題の漫画はこちら。「中途ハンパに濁されても」「正直に言われても」「やさしいうそだとしても」

こんな漫画です

 先月27日にツイッター投稿された3つの漫画。「恋人の話がどっちにしろ頭に入ってこない、って漫画。みんなはどれ経験ある?」という文言が添えられています。

 1本目のタイトルは「中途ハンパに濁されても」。

 彼女が「去年ハワイに言ったんだけど その時にさ~」と話し始めると、頭の中で妄想が膨らみ始めます。

 「ハワイって一人じゃ行かないよね!?」「友達だったら最初に言うよね!?」「元カレだこれ」「アーさいあく」と考えて悶絶する内容です。

 ◇ ◇ ◇

 2本目は「正直に言われても」。

 1本目とほぼ同じで、最初のセリフが「去年 元カレとハワイに言ったんだけど その時にさ~」に変わっています。

 「散々 元カレのグチ言ってたけど し~っかり仲良しの時期あったんだー」「俺とはまだどこにも行ってないのにな~」と頭をかきむしります。

 ◇ ◇ ◇

 3本目は「やさしいうそだとしても」。

 今度は「去年 友達とハワイに言ったんだけど その時にさ~」となっています。

 「曖昧に『友達』って時はだいったい元カレなんだよな~」「優しいウソかもしれないけどさ でも、さ なんか、さ」と、ひっくり返ってしまいます。

漫画のきっかけは

 この投稿に対して、「はー、わかる」「バレる人にはバレてるんですね」といったコメントが寄せられ、リツイートは3300、いいねは8400を超えています。

 漫画を描いたのはイラストレーター・グラフィックデザイナーとして活動しているトミムラコタさんです。どんな思いで描いたのか? 詳しく話を聞きました。

 ――今回の漫画を描こうと思ったきっかけは

 「私の実体験が元になっています。実際のところは『元カノとグアムに行った』と聞かされたのですが、数日経ったあとも何度かこのセリフを思い出していて、『あ、これ漫画のネタになるな』と思ったんです。ツイッターで『私は3本目の漫画が当てはまる』と書きましたが、本当は私が経験したのは2本目でした! 単純に間違えました」

 ――3パターン描き分けた狙いは

 「『元カノと』と正直に言われて『うわー! やめろよお前! なに正直に言ってるんだよ!』と思ったのですが、どうせ私のことだから、どう言われてもモヤモヤしてただろうなと思いました。どうせなら数パターン描いちゃおうと。嫉妬深い人にとってはあるあるかなと思ったので」

 ――残り2パターンについては、想像して描いたのでしょうか

 「想像です! 人生で何度か似たようなことがあったので、実体験を元に想像しました」

1/2ページ

最終更新:5/18(木) 7:00

withnews