ここから本文です

NTTテクノクロス、共創型コンサルティングサービスを開始

5/17(水) 12:57配信

BCN

 NTTテクノクロス(串間和彦社長)は、サービスや製品を企画開発する企業とエンドユーザが一堂に会し、ニーズや課題の発掘・アイデア発想・ユーザー評価を反復できる共創型コンサルティングサービス「ともに育むサービスラボ」を5月17日に開始した。

 ともに育むサービスラボでは、エンドユーザーに使い続けられるサービスや製品を人が真に求めるサービスと定義し、その創出をリビングラボと呼ばれる新しい仕組みで実現する。企業が商品やサービスを新しく生み出す際に、エンドユーザーに一方的に意見を求めるだけでなく、エンドユーザーと企業が長期間にわたって集い、自由に意見を出し合うなかで創出するように支援する。同社では、この場所と環境を提供するとともに、プロジェクト全体のプロセスを設計し、各フェーズでUXデザインのプロとしてファシリテーションを行う。

 第一弾として、育児中の女性をエンドユーザーの対象とした商品やサービスの企画開発を支援する。育児中は子育てに関する悩みはもとより、社会復帰や働きながらの子育てなど、さまざまな課題に直面しているほか、こうした仕事と家庭の両立は社会課題にもなっている。ともに育むサービスラボでは、この重大な社会課題への対策を進める企業を支援し、エンドユーザーとともに解決策を創出していく考え。価格は、プロジェクト内容に応じて個別見積りとなっている。

最終更新:5/17(水) 12:57
BCN