ここから本文です

「ソニックフォース」キャラメイク機能で3人目の主人公を作ろう!

IGN JAPAN 5/17(水) 10:05配信

「ソニックフォース」はモダンとクラシックの2タイプのソニックのほか、もう1人のプレイアブルキャラクターがいる。このキャラクターは自分の好みに合わせてカスタマイズできるらしい。
PS4、Switch、Xbox One、PC向けに2017年冬発売予定の「ソニックフォース」だが、セガは本日、キャラメイク機能を海外向けに発表した。7つの基本となるタイプから選び、プレイヤーは自分だけのヒーローを作ることができる。このヒーローはゲームのストーリーとも大きく関係するらしい。



それぞれ異るアビリティをもつ7タイプのヒーローの詳細を箇条書きしよう。日本語名が未発表のため、タイプ名は英語のままだ。

Bear ー ホーミングアタックで敵を吹き飛ばすことができる
Bird ー 二段ジャンプで高く飛ぶことができる
Cat ー ダメージを受けてもリングは1つ残る
Dog ー 死ぬと5つのリングをもった状態で復活する
Hedgehog ー ダメージを受けた後はリングを取り戻すことができる
Rabbit ー ダメージを受けた後の無敵になる時間が長い
Wolf ー 近くにあるリングを自動的に寄せる


それぞれのタイプの見た目をギャラリーで確認しよう。

7つのタイプから選択した後、プレイヤーはさらにキャラクターの見た目をカスタマイズできる。100以上のアクセサリやコスチュームはゲームを攻略していくと徐々にアンロックされる。プレイヤーの作ったヒーローは「グラップリングフック」(鉤縄)というアイテムを駆使してプラットフォームアクションが楽しめる。さらに、Wisponという「ソニックカラーズ」のカラーパワーに近いガジェットが登場する。これらは武器やステージを攻略するためのアイテムとして使うことができる。
キャラメイク機能は「ソニック」シリーズにおいて初めてのものである。カットシーンなどにも登場するこの3人目のヒーローは、世界を「悪の天才科学者」ドクター・エッグマンから救う上で重要な存在となるらしい。



セガが「ソニックフォース」を最初にアナウンスしたのは2016年のことで、タイトルが正式に発表されたのは2017年に入ってからだ。今年は他にも「ソニックマニア」というファンが開発している2Dソニックの新作が発売される。

Jonathon Dornbush

最終更新:5/17(水) 10:05

IGN JAPAN