ここから本文です

台湾の対日窓口機関が「台湾日本関係協会」に 新名称除幕式

5/17(水) 16:00配信

中央社フォーカス台湾

(台北 17日 中央社)台湾の対日窓口機関「亜東関係協会」が「台湾日本関係協会」に改称し、17日に新しい看板の除幕式が行われた。列席した双方の関係者は、この「歴史的な瞬間」以降、関係がさらに密接になることに期待を示した。

同会の邱義仁会長は、過去の名称は業務内容が伝わりにくく、業務対象地域などで誤解を招くことがあったとし、名称変更によって業務内容が明確になり、台日関係が新たな段階に入ったと喜んだ。

一方、日本の対台湾窓口機関「日本台湾交流協会」は、今年1月に「交流協会」から現名称に改められている。

同会の沼田幹男代表(大使に相当)は、45年間使い続けた互いの名称を、今年ともに変更したとして、2017年は日台関係の歩みにとって非常に意義深い一年であると語った。また、「双方の努力と協力なくして将来の発展は望めない」とも述べ、両国が共同でさまざまな問題に取り組み、世界でもまれに見る友好関係が築かれることに期待を示した。

亜東関係協会は1972年、中華民国と日本の国交が断絶したことを受けて、民間交流窓口として設立された。今年3月、行政院(内閣)が改称を承認した。

(テキ思嘉/編集:塚越西穂)