ここから本文です

広告の未来探る 全広連神戸大会が開幕

神戸新聞NEXT 5/17(水) 12:25配信

 第65回全日本広告連盟神戸大会(同大会組織委員会、公益社団法人全日本広告連盟主催)が17日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開幕した。「いざ出航、広告の未来へ!~次世代につなぐ、『絆』とともに~」をテーマに、全国のメディアや広告関係者ら約1500人が、地域活性化に貢献する広告の将来像を探った。

 神戸大会は神戸港開港150年目に合わせた開催で、36年ぶり2回目。

 大会実行委員長の高士薫・神戸新聞社社長が開会宣言。電通総研研究主幹の北原利行さんらが記念リレープレゼンテーションを行い、阪神・淡路、東日本大震災の被災地での広告企画を例に挙げ、防災や復興を後押しする広告像を考えた。

 三木市出身の作家玉岡かおるさんは「港からはじまる物語」と題して記念講演。開港以来、輸出や造船で活躍した人々と歴史を紹介し「神戸が震災などを経験しても立ち上がってきたのは、海があるから。果てしない未来が見える水平線があるから」と語った。

 18日は大会参加者が神戸港や宝塚歌劇、防災関連施設などを見学。2018年の大会は秋田市で開催する。(小林伸哉)

最終更新:5/17(水) 22:59

神戸新聞NEXT