ここから本文です

楽しんご改名へ 新芸名は占い師・ラブちゃんがつける!

東スポWeb 5/17(水) 11:00配信

 盲腸破裂による急性腹膜炎のため緊急手術を受け、6日深夜に入院していたタレント・楽しんご(38)が15日、都内で無事に退院したことを報告。舞台俳優としても活動する楽しんごは、これを機に“改名”することも発表した。入院4日前から腹痛を訴え、入院前日に電気風呂に入った直後から激痛に見舞われて病院へ駆け込んだ。医師からは「盲腸に穴が開いていて、あと1日入院が遅れたら死んでいた」と言われたという。本来なら3~4週間の入院が必要だったが「奇跡的に1週間で退院できた」。驚異の回復力で死の淵から生還した。2013年7月の元マネジャーへの暴力事件がきっかけでテレビへの露出はほとんどなくなったが、「メディアの仕事をやりたい!」とテレビ復帰を熱望。さらに「芸人として世に出たけど、もともと役者志望。役者としての仕事に興味があります」と言う。

 その第一歩が改名だ。

「ネットで『楽しんご』と検索すると悪いことばかり出てきちゃうので、役者として活動する時の名前を変えたい」。これから同じ吉本興業所属の“ラブちゃん”こと占い師の「Love Me Do」に相談して、俳優としての活動名を決めるという。

 吉本のタレントではお笑いコンビ「品川庄司」の品川祐(45)が、作家や映画監督として活動するときは品川ヒロシ名義で活動している。ただ楽しんごの場合は13年の事件の影響が根強いため、全く違う名前になる可能性がありそうだ。

 また「楽しんご」という芸名自体を変える可能性について「どうせならこの名前自体も変えちゃうのもアリかもしれない」と含みを持たせた。

 本紙で隔週金曜日に「LOVE フォーチュン」を連載中のラブちゃんは昨年2月、当時イロモノ候補と見られていたドナルド・トランプ氏の米大統領就任をいち早く予言するなど、占い師としては一流だが、新たな芸名で楽しんごは復活できるか!?

最終更新:5/17(水) 11:00

東スポWeb