ここから本文です

【極真会館】那須川天心の空手時代のライバル南原「自分もスーパースターになる」

5/17(水) 21:04配信

イーファイト

 6月3日(土)4日(日)大阪府立体育会館で開催される極真会館『2017オープントーナメント第34回全日本ウェイト制空手道選手権大会』の記者会見が、5月17日(水)都内にて行われた。

【フォト】小学4年生で対戦した南原と那須川の体格差が凄い

 今大会は軽量級(-70kg)、中量級(-80kg)、軽重量級(-90kg)、重量級(+90kg)の4階級で2日間にわたって体重別のトーナメントで優勝が争われる。軽量級41名、中量級32名、軽重量級31名、重量級12名の合計116名がエントリー。

 会見には各階級の有力選手が出席、それぞれ意気込みを語った。

 重量級には南原健太(東京城北支部)が出場。2015年第32回全日本ウェイト制同級3位になり、同年に開催された第11回全世界選手権大会に史上最年少の17歳で日本代表に選ばれた。世界選手権後は病気で入院するなど体調を崩していたが、完治して2年ぶりの大会に臨む。

「自分の持ち味であるスピードを生かして優勝したい。優勝するために過酷な練習をしてきたので、しっかり結果を残したいと思います」と挨拶し、「決勝でイエロメンコ選手と対戦したいです。凄く強いですが勢いに乗ってしっかりと勝って優勝したい」と、ロシアのエースで4月に開催された2017年第6回世界ウェイト制選手権大会の重量級で準優勝したオレクサンダー・イエロメンコ(ロシア)の名をあげた。

 南原と言えば、小学生時代に空手で那須川天心とライバル関係にあったことでも知られている。その那須川はRISE、KNOCK OUT、RIZINでの活躍で格闘技界のスーパースターの座に駆け上がっていったが、南原は「戦ってきたライバルなので悔しいです。自分もしっかり空手界のスーパースターになりたいとの気持ちをいつも持っています。正直、負ける気はないのでもっと活躍して自分がスーパースターになります」と、戦う場所は違ってもライバルとして負けたくないと語った。

最終更新:5/17(水) 21:04
イーファイト