ここから本文です

阪神・西岡、30日にも実戦復帰!2軍全体練習に合流「あとは感覚の問題」

サンケイスポーツ 5/17(水) 7:00配信

 昨年7月の左アキレス腱断裂から復活を目指す阪神・西岡剛内野手(32)が16日、鳴尾浜で負傷後初の2軍全体練習合流を果たした。フリー打撃で快音を響かせるなど、順調な回復ぶりを披露。掛布雅之2軍監督(62)は、早ければ30日からのウエスタン・ソフトバンク3連戦(タマホーム筑後)で実戦復帰する見通しを示した。

 西岡が2軍本隊に合流し、ダッシュやノック、フリー打撃をこなした。いよいよ実戦復帰へ、秒読みが始まった。

 「もうちょっとすれば試合に出られると思う。あとは感覚の問題。今は100%の状態。あとは試合に出て20%(を上積み)。そこまで状態を戻せる自負はあります」

 昨年7月20日の巨人戦(甲子園)で左アキレス腱を断裂。鳴尾浜などで地道にリハビリを続けてきた。見守ってきた掛布2軍監督は実戦復帰について「あせらせる必要はないけど、このままよければDHで月末ということは考えているよ。本人もそう考えているようだしね」と30日から始まるウエスタン・ソフトバンク3連戦(タマホーム筑後)をめやすに掲げた。

 「早くこのユニホームを着てプレーしたい。自信はありますが、それに比例して未知の部分に対する不安や恐怖感はあります。ですが、それ以上に期待もあります」

 1軍は首位快走と好調だが、暑い夏を迎えれば、必ず西岡の力を必要とするときが来る。一歩ずつ着実に、完全復活への道を進む。

最終更新:5/17(水) 9:32

サンケイスポーツ