ここから本文です

波乱万丈の大会 8年ぶりにアジアンツアーで開催

5/17(水) 20:33配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇アジアンツアー◇タイランドオープン 事前情報◇タイCC(タイ)◇7097yd(パー71)

【画像】手腕発揮が注目されるアジアンツアーCEOと日本人の奥さん

アジアンツアー第8戦が18日(木)に開幕。同ツアーが主管として開催されるのは2009年大会以来8年ぶりで、16日に同ツアーが発表したポイントレース“パナソニック・スイング”対象5試合の初戦となる。

1965年のスタート以来、タイのナショナルオープンに位置づけられている大会だが、最近は政情不安などの外的要因で開催が見送られることも少なくなかった。主管ツアーも二転三転しており、2015年にはワンアジアツアーと日本ツアー(JGTO)の共同主管で開催され、キム・キョンテ(韓国)が大会を制した。

アジアンツアーとして最後に開催された09年大会は、ラグーナ・プーケットGCで開催され、ジョティ・ランダワ(インド)がタイトルを手にした。今年は地元タイ勢のトンチャイ・ジェイディー、キラデク・アフィバーンラト、プラヤド・マークセンら出場で、再開を盛り上げる。

日本からは亀代順哉がエントリー。アジアンツアー賞金レーストップに立つデービッド・リプスキー(米国)が出場する。

【主な出場予定選手】
トンチャイ・ジェイディー、スコット・ヘンド、キラデク・アフィバーンラト、マーダン・ママット、シブ・カプール、プラヤド・マークセン、亀代順哉