ここから本文です

仏大統領の背広5万円=「庶民派」アピール

時事通信 5/17(水) 6:24配信

 【パリ時事】フランスのマクロン大統領(39)が、高価なスーツを着用しないよう努めている。

 マクロン氏は政界入り前に投資銀行に勤務して巨額の報酬を得たことがあるため、有権者の反感を買わないよう庶民的なイメージを演出する狙いがあるとみられる。

 大統領周辺によると、マクロン氏が14日の就任式で着ていたスーツの値段は450ユーロ(約5万6000円)で、大国の元首の服としては比較的安価だった。仏メディアによると、マクロン氏が経済相に就任した3年前から、ブリジット夫人(64)がパリの紳士服店「ジョナス」でマクロン氏のスーツを選んでいるという。 

最終更新:5/17(水) 8:55

時事通信