ここから本文です

グランフロント大阪で女子会向けビアガーデン メニュー改良し女性客見込む /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 5/17(水) 9:00配信

 グランフロント大阪(大阪市北区大深町)南館8階のイタリアンバル「チャオナチュレ」(TEL 06-6485-7979)で5月1日、テラスを使ったビアガーデンが始まった。運営は「ザ ダイニング」(芝田2)。(梅田経済新聞)

ビアガーデンコースの一部

 昨年は約5000人が利用したという同コース。約8割が女性客だったという。4月に就任した店長の山中美智子さんは「女性店長ならではのサービスを考え、今年は女子会向けにメニューを改良した」と話す。デザートを追加、枝豆はチーズをトッピングし、シーザーサラダはドレッシングまで野菜を使うなど工夫する。デザートは予約時の注文で客の要望に合わせた「スヌーピー」などのキャラクターを描いたメッセージプレートでも提供できる。

 店内はワインやシャンパンを並べ、内装は白を基調としテーブル席には花柄のクッションを置く。店舗面積は49平方メートルで、席数はカウンター・テーブル・ソファ・テラス席を合わせて62席。テラス席からは梅田の夜景が望める。同社取締役の小田桐健太郎さんは「まだ認知が少ないのでグランフロントにこんな場所があったのかと驚かれることも。穴場スポットとして利用する人が多い」と話す。

 「ビアガーデンコース」(1人5,000円)は、フードが豚スペアリブ、シーザーサラダ、枝豆など8品。飲み放題(120分)のドリンクは生ビール、ワイン、ハイボールなど11種を用意。同コースに500円追加でワインの酸化を防ぐ機械「エノマティック」で注いだワインも飲み放題になる。

 営業時間は11時~23時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/17(水) 9:00

みんなの経済新聞ネットワーク