ここから本文です

ヴェンゲル「サンチェスはピッチ上で悪魔のよう」教え子の勝負強さを称賛

GOAL 5/17(水) 12:15配信

現地時間16日に行われたプレミアリーグのアーセナルvsサンダーランドは、チリ代表FWアレクシス・サンチェスの2ゴールにより、2-0でアーセナルが勝利を収めた。

この試合終了後、アルセーヌ・ヴェンゲル監督が会見でA・サンチェスのクオリティーの高さに言及している。

「アレクシスは起用するかどうか迷っていたんだが、(試合開始3時間前の)午後4時にスタメンで出場させることを決めた。彼はピッチでボールを持ったらいつも悪魔のような存在になる。痛みさえ忘れさせてくれるようにね」

また、ヴェンゲルは「彼のピッチ上での質については申し分ないものがある。彼はここにやってきて、常にトップクラスの選手であり、成長し続けている」と語り、退団のうわさが絶えないA・サンチェスが、アーセナルにとっていかに重要な選手であるかを強調した。

A・サンチェスはこの2ゴールで今シーズンのリーグ戦の得点を23に伸ばし、24得点でランキングトップのロメウ・ルカクに迫っている。この勝利で5位アーセナルは勝ち点を72に伸ばし、4位リヴァプールとの勝ち点差を1として4位フィニッシュの可能性を残した状態。アーセナルは4位で、そしてFAカップを制してシーズンを終えることができるのか。その結果がヴェンゲル、A・サンチェスの今後の去就にも大きく影響を及ぼすことになりそうだ。

GOAL

最終更新:5/17(水) 12:15

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合