ここから本文です

阪神・糸原、追加点欲しい場面で満塁一掃打!プロ初1試合3打点

サンケイスポーツ 5/17(水) 7:00配信

 (セ・リーグ、阪神8-1中日、7回戦、阪神4勝3敗、16日、甲子園)まさに執念だった。左翼線に入る。ゲレーロが背中をみせて追いかける。福留、中谷、さらに一塁からも鳥谷がかえってくる。2点リードに詰め寄られた直後、再び竜を突き放したのはD5位・糸原健斗内野手(JX-ENEOS)だった。

 「もう必死に食らいついて、絶対打ってやろうという気持ちで打ちました。チームに貢献するっていう精いっぱいの気持ちでいつも打席に立っています。それが結果につながってよかったです」

 五回二死から3連続四球でまわってきた好機だった。相手は2メートルの長身左腕アラウホ。初対戦でも持ち前の根性が勝った。見逃しストライク、ボール、空振りで追い込まれたが、外角にきたスライダー、直球ともにカット。最後も外角139キロ直球に食らいつき、プロ初の1試合3打点だ。

 金本監督は試合後「実は…」とつぶやいた。「『押し出し(四球)とってくれへんかな』と思ってね」と舌をペロリ。「その確率にかけたら、まさかの3点タイムリー。あの姿勢よ」。2ストライク後の対応力が今年の課題のひとつ。新人が自然と表現してくれたことがうれしかった。

 「追い込まれたので必死でした。3つの四球と、いいところでタイムリーを打ててよかった」

 右足首を捻挫している上本は、17日にもスタメンに戻ってくる。周りを気にしている余裕はない。アグレッシブな姿勢で、首脳陣に猛アピールしていく。

最終更新:5/17(水) 9:30

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 15:10