ここから本文です

アーセナル、マンCがともに勝利 CL出場権争いは最後までもつれ込む/プレミア

ISM 5/17(水) 9:56配信

 イングランド・プレミアリーグは現地時間16日に2試合が行なわれ、5位アーセナルと4位マンチェスターCがともに勝利。チャンピオンズリーグ(以下CL)出場権争いは最後までもつれ込むこととなった。

 アーセナルはすでに降格が決まっているサンダーランドに2対0と勝利した。アーセナルは、立ち上がりから何度も決定機を作り、相手を圧倒する。そして72分、抜け出したエジルが中へ折り返し、サンチェスが流し込んで先制する。

 そして先制点から9分後、ジルーのシュートが弾かれたところを再びサンチェスが押し込み、ダメ押した。アーセナルはこの試合でボール支配率63%、シュート数36本、CK17本を記録。最下位相手にスコア以上の差を見せつけた。なお、サンダーランドはこれで直近のリーグ戦16試合中13回無得点に終わっている。

 マンチェスターCは8位ウェストブロムに3対1と快勝した。立ち上がりからチャンスを作るマンCは27分、ガブリエウ・ジェズスが決めて先制。その2分後には、エリア外からデブルイネがミドルを叩き込んでリードを広げる。

 その後57分のY・トゥーレのゴールで勝負を決めると、62分には今季限りでクラブを退団することを発表したサバレタが交代でピッチに入り、サポーターたちは拍手で迎える場面も。終了間際に1点を返されたマンCだが、危なげなく勝利を収めている。

 この結果、残り1試合となったところで3位に浮上したマンCが勝ち点75、4位リヴァプールが同73、5位アーセナルが同72と、CL出場権争いは最後までもつれ込むことになった。リーグ戦最後の対戦相手は、それぞれ16位ワトフォード、19位ミドルズブラ、7位エヴァートンとなっている。(STATS-AP)

最終更新:5/17(水) 9:56

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合