ここから本文です

スマホで遠隔操作可能な見守りロボ

SankeiBiz 5/18(木) 8:15配信

 オフィス家具のライオン事務器(東京都中野区)は17日、スマートフォンで遠隔操作できる手のひらサイズの見守りロボット「appbot RILEY(アボットライリー)」を6月1日から販売することを明らかにした。

 ロボットは韓国のITベンチャーが開発した。モーターで自走し、360度自由に向きを変えられるほか、上下に動くカメラやスピーカーとマイクも搭載。利用者はWi-Fiネットワークを通じてスマホで操作し、見守り対象の画像をリアルタイムで確認し、会話することもできる。想定価格は約3万円。

最終更新:5/18(木) 8:15

SankeiBiz