ここから本文です

違法賭博の処分解除 復帰のバド桃田に注がれる冷たい視線

日刊ゲンダイDIGITAL 5/17(水) 9:26配信

 元世界チャンピオンが表舞台に戻ってくる。

 違法賭博で昨年4月に日本バドミントン協会から無期限の出場停止処分を受けた男子シングルスの桃田賢斗(22)が、27日開幕の日本ランキングサーキット大会(さいたま市)にエントリーした。15日に処分が解除され、1年1カ月ぶりの復帰戦となる。

 2015年のスーパーシリーズ・ファイナルを制した桃田は、昨年4月に闇カジノ店での賭博行為が発覚。メダル獲得が有力視されたリオ五輪出場が絶たれた。処分期間中は所属先のNTT東日本で勤務、練習しながらバドミントン教室に参加するなど、社会貢献活動に取り組んだ。

 桃田は出場停止期間中の活動が認められて処分解除にこぎつけたが、ドーピング違反の女子テニス元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(30=ロシア)が主催者推薦での早期出場を非難されたように、疑問や批判の声も上がっている。

■所属チームへの影響も

 日本代表で同僚だったある選手は桃田の不祥事発覚後、競技自体への風当たりが強くなっているとし、「同じバドミントン選手でも桃田と一緒にされるのは迷惑です。実戦復帰はともかく、代表への復帰時期は慎重に検討してほしい」と話していた。

 桃田問題は当然、所属先にも影響を及ぼした。昨年4月から半年間、部が活動を自粛したことから、ある有力選手がチームを去った。この選手は国際大会での実績もあり、20年東京五輪出場を目指しているため、活動の場を求めて移籍したといわれる。

 桃田は所属先を通じて「これからも、一層バドミントンに真摯に取り組み、応援される選手になれるよう日々、精進してまいります」と談話を発表したが、「身内」に受け入れられるには、しばらく時間がかかりそうだ。

最終更新:5/17(水) 9:26

日刊ゲンダイDIGITAL