ここから本文です

(問う「共謀罪」 言論人から)肝心のテロの定義、あいまい 溝口敦さん

朝日新聞デジタル 5/17(水) 16:00配信 有料

 ■ジャーナリスト・溝口敦さん(74)

 犯罪組織への厳しい姿勢。市民には無縁なのか――。
     ◇
 私はかつて出版物をめぐって暴力団から脅迫され、何者かに脇腹を刺された。「共謀罪」法案が成立し、組織的犯罪への規制強化を歓迎する声もある。だが、私はそうは思わない。
 暴力団犯罪では、「○○をやれ」といった明確な指示がないことがよくある。現場の人間は上層部の意向を忖度(そんたく)し、実行する。犯罪計画への認識があいまいなことも少なくない。
 3月、組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)の罪などに問われた指定暴力団工藤会の元組員に懲役18年8カ月の判決が出た。……本文:1,430文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:5/17(水) 16:00

朝日新聞デジタル