ここから本文です

〔東京外為〕ドル、112円台半ば=米政権不透明感で続落(17日正午)

時事通信 5/17(水) 12:30配信

 17日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、トランプ米政権の先行き不透明感から続落し、1ドル=112円台半ばで推移している。正午現在、112円48~48銭と前日(午後5時、113円45~45銭)比97銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、112円60銭台に下げて推移した。日経平均株価が軟調に始まり、ドル円は112円50銭前後に軟化したが、その後は株価が下げ幅を縮めたことでドル円もやや買い戻され、112円70銭前後を回復。正午にかけては再び売りが強まり、112円40銭台に落ち込んでいる。
 ロシアへの機密情報漏えい疑惑でトランプ米大統領への批判が強まっており、「今後の政権運営が不安視されていることがドル円を引き続き圧迫している」(為替ブローカー)という。また、「ドル円の戻りが鈍いことも売りを再燃させた」(同)とされる。ドル円は下値では買い戻しも入るとみられるが、「最近の米経済指標は弱く、買い戻しは入っても反発力は鈍い」(大手邦銀)と指摘される。
 ユーロは午前9時との比較で対円は横ばい圏。対ドルは上昇。全般的なドル売りからユーロドルの上昇が先行している。正午現在、1ユーロ=124円96~97銭(前日午後5時、125円12~12銭)、対ドルでは1.1109~1109ドル(1.1028~1028ドル)。

最終更新:5/17(水) 14:27

時事通信