ここから本文です

<独眼竜>書状に人間味「政宗のすがた」展始まる

河北新報 5/17(水) 13:25配信

 宮城県大崎市が昨年11月に寄贈を受けた仙台藩祖伊達政宗の書状「中森コレクション」を初めて一般公開する特別展「書状で見る政宗のすがた」が16日、大崎市岩出山の旧有備館で始まった。6月25日まで。

【写真特集】生誕450年 戦国駆けた奥州王の軌跡

 中森コレクションは、岩出山出身の中森高(たかし)さん(84)=神奈川県藤沢市=が寄贈した。政宗が他藩の藩主や息子に宛てた書状と公文書計6点。21~68歳の時に書かれ、人柄や交友関係、花押(かおう)(書き判)の形の変遷などがうかがい知れる。

 二日酔いのため、信濃松本藩主の招待に応じられないと記したわび状も。大館市の無職糸田敬一さん(68)は「人間らしさが垣間見えて、面白い」と話した。

 午前9時~午後5時。入館は午後4時半まで。月曜休館。入館料は一般300円、高校生200円、小中学生150円。連絡先は旧有備館0229(72)1344。

最終更新:5/17(水) 16:56

河北新報