ここから本文です

テニス=三橋、八百長行為などで永久追放

ロイター 5/17(水) 9:16配信

[16日 ロイター] - テニスの不正監視団体、TIUは16日、男子の日本人選手、三橋淳(27)が八百長行為に及んだとして、永久資格停止と罰金5万ドル(約565万円)の処分を科したことを発表した。

TIUによると、三橋は2015年11月に南アフリカで行われた大会で、自身がコーチしていた選手を仲介人とし、シングルスで2000ドル、ダブルスで600ドルの支払いを持ちかけ、相手選手に手を抜くよう打診した。

また、同年12月にナイジェリアで行われた大会では、自身で他の選手に八百長を働きかけた。仲介人となった選手は昨年9月、TIUの他の調査を受けて永久資格停止を受けている。

さらに、三橋は15年10月から11月にかけて行われた試合で、76もの賭博を行っていたことも発覚し、TIUの調査への協力を拒否していた。

三橋の最高成績は09年に記録した世界ランク295位。

最終更新:5/17(水) 9:16

ロイター