ここから本文です

村田世界戦「DAZN」で欧州に配信「新しいシステムは歓迎」

スポニチアネックス 5/17(水) 5:42配信

 ◇WBA世界ミドル級王座決定戦 同級1位アッサン・エンダム≪12回戦≫ 同級2位・村田諒太(2017年5月20日 有明コロシアム)

 村田が日本人22年ぶりのミドル級世界王者を狙うWBA同級王座決定戦が、スポーツ動画配信サービスの「DAZN」によりドイツ、オーストリア、スイスでライブ中継されることが分かった。

 今季からJリーグ全試合の配信で注目を集めたDAZNは英パフォーム・グループにより運営され、4月29日のジョシュア―クリチコの世界ヘビー級タイトルマッチ(英国)も中継したが、日本人ボクサーの試合配信は初めて。関係者によると「注目されているタイトルマッチなので、ボクシング人気の高いドイツで配信したいとのリクエストがあった」そうで、スイスなどでも視聴できるという。この日DAZNのインタビューを受けた村田は「3カ国で見てもらえるのはうれしい。地上波だけじゃない、いろいろなテレビメディアが出てくれば選手にとってもチャンスが増える。新しいシステムは歓迎です」と喜んだ。

 練習ではミット打ちなどで軽く調整。食事量も落とし、体重はリミット(72.5キロ)まで500グラムに迫った。「夏休みの宿題を早めにやっても残っちゃうタイプ」と肩をすくめたが、「明日が計量でも大丈夫」と臨戦態勢を強調した。

最終更新:5/17(水) 9:45

スポニチアネックス