ここから本文です

〔東京株式〕軟調=自動車や金融など主力株に売り(17日後場寄り付き)

時事通信 5/17(水) 13:00配信

 【第1部】為替の円高・ドル安が投資家心理を圧迫しており、自動車や金融関連などの主力株を中心に売りが広がっている。日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに軟調。
 三菱UFJが売られ、みずほFG、野村、三井不は安い。第一生命は大幅安。ANA、JR東日本が緩み、ファーストリテは軟調。トヨタが値を下げ、TDK、ファナックはさえない。三井物が下押し、JXTGは反落。半面、任天堂が値を上げ、ソフトバンクGは堅調。エムアップが急騰し、JT、武田はしっかり。日産自、東芝、Vテクが買われ、東エレクは高い。住友化は大幅高。

最終更新:5/17(水) 15:27

時事通信