ここから本文です

<ドローン>「絶景撮って」案内地図作製 徳島・那賀町

毎日新聞 5/17(水) 9:45配信

 小型無人機ドローンで町おこしに取り組む徳島県那賀町が、ドローンによる撮影スポットをまとめた案内地図を作製した。町内を流れる那賀川や雄大な剣山系などの自然を空からの視線で楽しめる26地点を紹介。山深い地が県外の愛好家にも分かりやすいよう、詳細地図で飛行可能区域や飛ばすためのルールもまとめている。

 ドローンは人家が密集する地域での飛行が制限されているが、「過疎」でもある町は「事実上飛ばし放題」(町ドローン推進室)。町は現状を生かし、2015年から愛好家や企業の実証実験を呼び込もうと取り組む。

 一方で住民から「民家の近くはできるだけ飛ばさないでほしい」と心配する声もあり、町が地権者の許可を得て推奨する飛行地域をまとめることにした。

 案内地図では、飛行練習ができるグラウンドのほか、青い川面に桜並木が鮮やかな川沿いや紅葉の名所を紹介。木沢地区にある落差約20メートルの「大轟(とどろ)の滝」など間近で見ることができる滝も3カ所ある。地図の作製を委託された業者が実際にドローンを飛ばして撮影しており、GPSの受信状況など場所ごとの注意点も記載している。

 町は、ドローン紛失時のトラブルを防ぐため、飛行時は事前に町役場へ届けるよう求めており、案内地図と届け出書は町役場ホームページでもダウンロードできる。町ドローン推進室の担当者は「ルールに沿って楽しんでもらい、町へ足を運ぶきっかけになってほしい」と期待している。【蒲原明佳】

最終更新:5/17(水) 9:45

毎日新聞