ここから本文です

シンガポール美術館別館「SAM at 8Q」で「Imaginarium」新展示

みんなの経済新聞ネットワーク 5/17(水) 10:00配信

 シンガポール美術館別館「SAM at 8Q」(8 Queen St)で現在、「Imaginarium:To the Ends of the Earth」が開催されている。(シンガポール経済新聞)

 シンガポール美術館がテーマを変えて毎年開催しているファミリー向けの同展示は今年で7回目を迎える。よく知っているようでまだまだ知らないことも多い、地球上の驚異と世界で起きている出来事について、9人のアーティストの目を通して創作された現代アート作品が展示されている。中には、実際に触ったり、遊んだりすることができる作品も。

期間中、アーティストによるパフォーマンスやワークショップ、アーティストとキュレーターによるプレビューツアー、フィルムの上映、小さい子ども向けのワークショップなども予定する。
 開館時間は10時~19時(金曜は21時まで)。チケット料金は、大人=6シンガポールドル、学生・シニア(60歳以上)=3シンガポールドル(以上、金曜18時~21時は無料)、6歳以下無料。8月27日まで。

 5月23日からの火曜~金曜には、ミュージアム日本語ガイドグループが日本語ガイドを行う。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/17(水) 11:57

みんなの経済新聞ネットワーク