ここから本文です

ダーレン・アロノフスキー監督の新作ポスターが衝撃!心臓えぐりとるジェニファー・ローレンス

5/17(水) 17:34配信

シネマトゥデイ

 映画『ブラック・スワン』などの鬼才ダーレン・アロノフスキー監督が、新作サイコスリラー『マザー!(原題) / Mother!』のポスター画像をInstagramなどで公開、血まみれになりながらも自らの心臓を手にするヒロインの衝撃的な姿がお披露目された。

アロノフスキー監督の代表作といえば『ブラック・スワン』【映像】

 アロノフスキー監督はタイトルにちなみ、14日の「母の日」を同ポスターで祝福。そのポスターでは、主演のジェニファー・ローレンスが草花に囲まれながら、自らの心臓をくりぬき、両手でそれを差し出しているかのような姿が、油絵のように描き出されている。

 同ポスターは気鋭のイラストレーター、ジェームス・ジーンが担当したもので、背景と対照的に血みどろになったヒロインの姿が強烈なインパクトを放っている。これには、本作を待ち望んでいたファンから「これは素晴らしい」「待てない」「超楽しみ」と期待が高まる一方で、「かわいそうなジェニファー」「一体この映画でジェニファーにどんなヤバイことが起きるんだ」とジェニファーふんするキャラクターに対するコメントも見受けられた。

 本作は、招かれていないゲストたちが自宅にやってきたことで、その関係を試されるカップルの話だという。詳細は明らかになっていないものの、同ポスターにはハビエル・バルデムもクレジットされていることから、ジェニファーの恋人役を務めるものとみられている。そのほかにも、『バットマン リターンズ』のミシェル・ファイファー、『めぐりあう時間たち』などの名優エド・ハリス、女性版『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のドーナル・グリーソンとその弟ブライアン・グリーソンら個性豊かな俳優陣が名を連ねている。10月13日全米公開予定。『ブラック・スワン』『レクイエム・フォー・ドリーム』などサイコスリラーを得意とするアロノフスキー監督と実力派ジェニファーのタッグ作だけに、その全貌が気になるばかり。(編集部・石神恵美子)

最終更新:5/17(水) 17:34
シネマトゥデイ