ここから本文です

菅田将暉&野村周平がキス!「帝一の國」大ヒット御礼で感謝伝え合う

映画.com 5/17(水) 16:05配信

 [映画.com ニュース] 古屋兎丸氏の人気コミックを実写映画化した「帝一の國」(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が5月17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演の菅田将暉をはじめ共演の野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳が出席した。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 2010年から「ジャンプSQ」(集英社刊)で連載した同名漫画が原作の学園闘争コメディ。生徒会長を務めた者は将来の内閣入りが約束されている超名門・海帝高校を舞台に、「自分の国をつくる」という野望を持つ赤場帝一(菅田)が、命がけの生徒会選挙に挑む姿を描いた。

 観客動員100万人、累計興行収入12億5000万円を突破したことが発表されると、会場中から祝福の拍手が。菅田は「ミリオンじゃないですか。やったぜ!」と大喜びだが、すかさず「ひとり1800円だとして、100万人……」と金勘定を始めたため、間宮から「やめろやめろやめろ」とツッコミを入れられた。

 また、メインキャストが一堂に会するのはこの日が最後なだけに、「卒業セレモニー」と銘打ち、共演陣が菅田への感謝を伝えることに。菅田とプライベートでも親交深い間宮は、「最近は夜な夜な一緒にゲームをしていますね。本当に上手で、僕の師匠です」とほほ笑む。続けて「出会ったのは10代で、僕は2回目の共演。赤場帝一は主席ですが、僕らの世代の主席は菅田将暉さん、あなたじゃないですか。これを言うたびに周平が『は?』と言っています(笑)。僕らの世代の代表作になりました」と述べものの、菅田は「『帝一』が終わった時に、『現場を思い出して泣きそう』ってLINEをくれた」と暴露。間宮は「そうしたら『気持ち悪いよ』って冷たかった」と肩を落としながらも、抱きつきざまに菅田の首筋にキスし、場内を沸かせていた。

 さらに帝一の宿敵・東郷菊馬を演じた野村は、約8年前に初対面した際に思いを馳せながら、「菅田くんはライバルでもあり、追い抜いたり追いつかれたりというのがすごく多かった」としみじみ。かつてはピリピリした関係性だったそうだが「今は刃物が丸くなったというか。8年というすごい腐れ縁。帝一の腐れ縁役をやれて、本当に良かった。これからも負ける気はないし、ずっと高めあっていけたら」と闘争心を燃やし、「じゃあ、未公開シーンやっとく?」と語りかけた。すると野村と菅田が互いの顔を至近距離まで近づけ、そのまま唇同士でキス。女性客で埋め尽くされた客席は、絶叫に近い黄色い歓声を上げていた。

 菅田は、仲間たちからのメッセージを受け「俺らが学生のころに見ていた『クローズ』『バトル・ロワイアル』などのように、俺らなりの熱量を持った作品を、果たし状にできればと思っていました。皆、何も言わずとも汲み取ってくれて、毎日やれたことが幸せでした」と感無量の面持ち。そして「また10年後、20年後と、節目節目に集まって面白いことを日本に叩き込めれば嬉しい。心の底から感謝しています」と頭を下げていた。

最終更新:5/17(水) 16:05

映画.com