ここから本文です

浜松市など起業家応援都市宣言 首都圏の若者照準にPR

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/17(水) 9:29配信

 浜松市と浜松商工会議所、浜松地域イノベーション推進機構は16日、「日本一の起業家応援都市 浜松」を宣言した。日本一起業しやすい都市を目指し、3者の取り組みを市内外へPRする。

 市役所で鈴木康友市長と大須賀正孝会頭、岡部比呂男理事長が宣言書を交わした。鈴木市長は「浜松にとって産業力強化が最も重要。新しい企業が次々と生まれてくる街にするためオール浜松で取り組みたい」と意気込みを示し、大須賀会頭は「さらに受け入れ態勢を充実させる。3者を中心に知恵を絞る」と語った。岡部理事長は「目指す方向性を明らかにし首都圏の若者にアピールしたい」と狙いを述べた。

 宣言は同商議所からの提言がきっかけ。人口減少対策の一環として起業しやすい街をPRし、浜松市への企業誘導を図る。

 3者の連携事業として「起こす」「誘(いざな)う」「支える」「創る」の4本の柱を据え、地元での創業支援やベンチャー誘致、事業継続や海外ビジネスの展開支援、情報や人材、技術などの資源活用などを展開する。

 「はままつスタートアップ」のロゴマークを関係機関で掲げ、宣言の認知度向上と地域の一体感醸成も図る。

静岡新聞社

最終更新:5/17(水) 9:29

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS