ここから本文です

「反プーチン」の学生待ち受ける脅し、どう喝の再教育 ロシア

AFP=時事 5/17(水) 15:41配信

【AFP=時事】ロシア・シベリア(Siberia)トムスク(Tomsk)市に住む高校生セルゲイ・チャイコフスキー(Sergei Chaikovsky)さん(18)は教室に入ったとき、普通の歴史の授業だろうと思っていた。

【関連写真】逮捕された野党勢力の指導者A・ナワリヌイ氏

 だがそこで始まったのは、「過激派」の危険性を説く特別講義だった。担当教師は、チャイコフスキーさんを辛辣(しんらつ)な口調で激しく非難した。今年3月、チャイコフスキーさんが野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ(Alexei Navalny)氏が組織した反政府デモに参加していたからだ。

「ファシスト」「アングロサクソン国家の追従者」「国賊」──教師は容赦ない言葉を浴びせ続けた。

「クラスメート全員の前で、みんなをぼくみたいにさせないことが教師としての務めだと言われました」と、チャイコフスキーさんは振り返る。チャイコフスキーさんはひそかに特別講義の様子を撮影し、ネットに動画を投稿した。

 教師の行為について、「倫理に反するものでした。ぼくを辱め、どう喝しようとしたんです」というチャイコフスキーさん。校長に訴えたが、「一人の教師のヒステリックな反応にすぎない」と一蹴された。

 大統領選を来年に控え、ロシア当局は若年層の不満に神経質になっているように見受けられる。チャイコフスキーさんのような事例は決して特殊なものではない。

 数多くの学校や大学で、ナワリヌイ氏を批判する授業や講義が行われるようになったが、それに先立つ3月26日には、同氏主導による全国的な反政府デモに大勢の支持者が参加し、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領に対する抗議活動としては、ここ何年もの間で最大規模の盛り上がりを見せた。

 このデモで特筆すべき点は、プーチン氏が政権を握ってきた18年近くの間に成長した若者たちが数多く参加し、拘束される危険を冒して怒りの声を上げたことだ。

「ロシア国民でありたいと考え、恐れない世代がこの国に生まれてきていることを本当にうれしく思う」と、ナワリヌイ氏は首都モスクワ(Moscow)での抗議活動で拘束された翌日に裁判所で語った。

1/2ページ

最終更新:5/17(水) 15:41

AFP=時事