ここから本文です

キンプリ新作、武内駿輔の思い出「杉田智和さんからすぐLINEがきました」

シネマトゥデイ 5/17(水) 21:34配信

 キンプリこと『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の新作映画『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』の完成披露試写会が17日、都内で行われ、大和アレクサンダー役の声優・武内駿輔が、劇中最強のプリズムスタァ・高田馬場ジョージ役を務めている杉田智和との仲良しエピソードを明かした。この日は一条シン役の寺島惇太、菱田正和監督、本作の大ファンだという岩井勇気(ハライチ)も出席した。

【画像】ファンときらめくプリズムスタァ声優

 テレビアニメ「プリティーリズム レインボーライブ」の最終話で誕生した「Over The Rainbow」とその後輩たちの活躍を描くキンプリシリーズ。新作ではジョージ役で杉田が参加していることも話題になっているが、その彼と親交が深い武内はこの杉田の参加について問われると、「杉田さんから高田馬場ジョージ役が決まってすぐLINEが飛んできました」と笑顔。

 「杉田さん自身、以前からキンプリを観にいったりしていたそうで、自分が参加することでどういう化学反応が起きるかってことをすごく楽しみにされているみたいでした」と語ると、杉田がジョージについて「なかなかクセが強いプリズムスタァだ」と話していたことをうれしそうに述懐。「自分も度肝を抜くというか、今までにないプリズムスタァだと思いました」と迷わず太鼓判を押していた。

 寺島もアフレコを振り返って「台本に書いてあることからないことまでやってしまう杉田さんワールドになっていました」と杉田の参加にニコニコ。監督も「杉田さんありきで作られたキャラクター。(杉田さんも)ジョージのこといいやつだって言われていました」と紹介していた。

 また、寺島の口から本作が韓国、香港、台湾でも上映が決まったこと、さらに遊佐浩二が真田常務役、山寺宏一が太刀花菊右衛門役、三宅健太がプリズムショー協会会長役、堀内賢雄が十王院百次郎役で声優出演していることも発表され、最後にファン代表として岩井も登壇。「最初、『あれ、なんだろうこの作品』って思って観ていたんですけど、その後、どんどん観ているうちにハマっていって、パクチーと似ているなって」とキンプリの魅力を解説すると、「今回も何回も見ないとって言う作品に仕上がっていて、盛り上がれるところがどんどん増えてバージョンアップした感じがとても好きでした」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』は6月10日より新宿バルト9ほか全国公開

最終更新:5/17(水) 21:34

シネマトゥデイ