ここから本文です

AMD、データセンター向けプロセッサ“Naples”の正式名称を「EPYC」に

Impress Watch 5/17(水) 11:03配信

 米AMDは16日(現地時間)、これまでコードネーム“Naples”で知られてきたデータセンター向けのハイエンドプロセッサの正式名称を「EPYC」に決定した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 既報のとおり、Naplesは1チップで32コア/64スレッドを実現したサーバー向けプロセッサ。非常に強力なI/Oが特徴で、1ソケットあたり8チャネルのDDR4/3DSメモリ(最大2TBまで搭載可能)、最大128レーンのPCI Expressに加え、最大32基のSATA 6Gbps、32レーンのNVMe、4基のUSB 3.0/2.0ポートもSoCとして内包している。

 競合のIntelのハイエンドプロセッサと比較して、コア数は45%多く、I/Oは60%多く、メモリバンド幅は122%広いという。

PC Watch,劉 尭

最終更新:5/17(水) 11:03

Impress Watch