ここから本文です

菜の花大迷路が満開=青森県横浜町〔地域〕

時事通信 5/17(水) 10:26配信

 国内最大規模の作付面積を誇る青森県横浜町の菜の花が満開を迎えた。名物の「菜の花大迷路」では家族連れらが散策を楽しんだり、展望台では記念写真を撮影したりしていた。

 町内には、計約156ヘクタールの菜の花畑があり、一面に広がる黄色いじゅうたんが楽しめる。今年の大迷路は広さ約1万5000平方メートルで、「2017 ヨコハマ」の文字と北海道新幹線開通1周年を記念して北海道函館市の五稜郭をモチーフにした星マークの形に造られている。迷路内には展望台が設置されており、上から菜の花を眺めることができる。

 菜の花フェスティバルは20、21の両日に大豆田地区の特設会場で開かれる。特産品販売のほか、21日にはマラソン大会も開かれる。 

最終更新:5/17(水) 10:42

時事通信