ここから本文です

〔東京外為〕ドル、112円台半ば=米政権運営への不透明感で下落(17日午後5時)

時事通信 5/17(水) 18:00配信

 17日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、トランプ米政権のかじ取りへの不安感がくすぶる中、1ドル=112円台半ばに下落した。午後5時現在は、1ドル=112円44~45銭と前日(午後5時、113円45~45銭)比1円01銭のドル安・円高。
 東京市場の早朝は、トランプ米大統領の機密情報漏えい疑惑などを材料に売りが続き、午前9時すぎに112円50銭台へ値を下げた。仲値後には国内輸入企業の買いで112円70銭台に戻したが、再び売られ、午後は112円50銭台に浮上する場面も見られたが、戻りは鈍く、112円25銭近辺まで下げた。
 トランプ大統領がフリン前大統領補佐官への捜査をやめるよう働きかけたとの報道を受けて、市場では今後の政権運営を不安視するムードが強い。「インフラ投資や税制改革などへの期待感が後退する恐れがある」(邦銀)との声が聞かれ、ドル一段安への警戒感が広がっている。
 ユーロは対円、対ドルで、終盤はもみ合い。午後5時現在は、1ユーロ=124円68~69銭(前日午後5時、125円12~12銭)、対ドルでは1.1088~1088ドル(同、1.1028~1028ドル)。

最終更新:5/17(水) 20:27

時事通信