ここから本文です

Gapのミュージックプロジェクト『1969 RECORDS』にyonige、Tempalay、yahyelら5組

5/17(水) 21:19配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

ファッションブランドのGapが、2年目を迎えるGap ミュージックプロジェクト『1969 RECORDS(1969・レコーズ)』をスタート。アーティスト5組とタッグを組み、オリジナルのミュージックビデオとルックブックを制作し、スペシャルサイト『1969 RECORDS TV』にて独占公開した。

【詳細】他の写真はこちら

1969年8月15日から4日間にわたり開催され、60 年代アメリカのカウンターカルチャーを象徴する歴史的なイベントとなったウッドストック・フェスティバル。アメリカ全土から駆けつけた40 万人を超える来場者は、サンタナが奏でるグルーヴと、グレイトフル・デッドの圧巻のステージング、ザ・フーのフロントマン、ロジャー・ダルトリーの歌声に心踊らせた。

そして、悪天候による大幅な遅れにも関わらず、ラストを飾るジミ・ヘンドリックスが奏でるアメリカ国歌により、会場のボルテージは最高潮に達し、駆け付けたすべての若者たちは、彼の演奏と共に愛と平和を願った。

時を同じくして、1969年8月に産声を上げたGapは、サンフランシスコのオーシャンアベニュー沿いにデニムとレコードを扱う小さなセレクトショップとしてスタートした。「INDIVIDUAL(個性)」を尊重し、どこよりも幅広く展開するデニムボトムスと、最新の音楽に包まれた店内は、瞬く間に当時の若者たちに受け入れられ、カルチャーが交差する人気ショップとなった。

Gapは、昨年2016年夏に、そんなブランドの背景を体現すべくローンチした』『1969 RECORDS』を2017年夏に再始動。Awesome City Club、HAPPY、never young beach、環ROY×Taquwami×OBKR、雨のパレードを起用し、大きな反響を生んだ昨年のプロジェクトを進化させリスタートする。

2年目となる今年は、昨年に引き続き、今まさに注目を集めているアーティスト5組とタッグを組み、ブランド創業の年である“1969”をキーワードに、特別に撮り下ろしたオリジナルのミュージックビデオを制作、スペシャルサイト『1969 RECORDS TV』にて独占公開。

『1969 RECORDS TV』は、これまでにない複雑に入り組んだ構造と、インタラクティブなコンテンツを設け、プロジェクトの魅力を新しい見せ方で表現。見る人をさらに楽しませる。

また、本ミュージックビデオに連動し、Gapサマーコレクションをファッショナブルに纏うルックブックも順次公開。1969年の空気を今へと繋ぎ、彼らの持つ「INDIVIDUAL」を浮き彫りにすることで、Gap の原点であるデニムとミュージックにフォーカスしている。

2年目となる今年、コラボレーションするアーティストは、yonige、Tempalay、Maika Loubte、JJJ “Fla$hBackS”、yahyelの5組。

2017 年のグローバルキャンペーン“I am Gap”の傘のもと、大きな反響を生んだ90’s復刻コレクションThe ’90s Archive Re-Issue に続き、サマーキャンペーンとしてGapが提案する『1969 RECORDS』。創業年となる“1969”をキーに、アーティストが表現する「INDIVIDUAL」で、“今”のアメリカンカジュアルを再定義する本プロジェクトに注目だ。

※Maika Loubteは「e」の上にアキュートアクセント

1969 RECORDS スペシャルサイト『1969 RECORDS TV』
https://www.1969records.tv/2017/