ここから本文です

自由な世界で農民として暮らそう。『ArcheAge』農業プレイガイド

5/17(水) 17:02配信

ファミ通.com

文・取材:ライター ぱんちょ

●大自然の恵みを自分の手で育む喜び
 ゲームオンの『ArcheAge』は生活系コンテンツが豊富なPC用MMORPGだ。

 ふつうに冒険を楽しめるのはもちろんのこと、生産したアイテムを売ってお金を稼いだり家を建てて自分好みにカスタマイズしたりなど、遊びの要素がとにかく多い。「むしろそっちが本編」と評価する声も多く、“もうひとつの世界での生活”を地で行くゲームと言える。

 非常に自由度が高い『ArcheAge』はアイテムを手に入れる手段が多く、たとえば木からは木材、岩場からは鉱物が手に入る。エリアを探索していると、プレイヤーがアクセス可能な植物や樹木がいたるところで見つかる。

 ただし、採取物はすべてのプレイヤーにアクセス権があるため、自生しているものからアイテムを安定して集めるのは難しい。

 そこで役立つのが、自分専用のスペースで採取物をいちから育てる“農業”だ。自然発生しない作物や家畜を育てることも可能。農作業を通して経験値も得られるため、緩やかではあるが農業だけでレベルアップすることもできる。

 数ある『ArcheAge』のプレイスタイルの中から、農業に特化した農民プレイについてガイドしていこう。

【こんな人にオススメ】
・のんびりスローライフを楽しみたい!
・コツコツお金を稼ぎたい
・職人や、職人をサポートするキャラを目指したい
・ハウジングを楽しみたい

●序盤&農業の仕組み
 本作における農業は、準備、収穫、販売の流れが基本だ。種などから作物を育て、収穫し、それを必要とするほかのプレイヤーやNPCに売却して利益を得る。

【準備】
 最初に必要となるのは植物の種や樹木の苗木、家畜の子供といった成長前のアイテム。これらは販売NPCから購入するほか、種は成長したアイテムの採取時、苗木は成長中の段階で引き抜くと確率で入手する。

 成長前のアイテムを使用すると、周囲の空きスペースに設置できる。あとはアイテムに応じた成長時間まで待つだけで、植物は水、家畜は対応する餌を消費することで成長時間を少し短縮可能だ。

【採取】
 成長時間が経過した設置物を調べると、アイテムを入手できる。低確率でレアアイテムを追加獲得する場合も。作物は十分に育つまで待ったほうがいいが、放置し過ぎると消滅してしまうので、収穫タイミングには要注意だ。また、採取後の設置物は種類に応じて以下の通り変化する。

◆家畜の空腹と病気
 家畜は成長時や収穫後の回復時に、空腹状態や病気状態になることがある。空腹状態の家畜は1回多く餌を与えることで幸福状態にでき、病気状態の家畜は放置すると死んでしまう。

 病気消滅まで屠畜や収穫ができなくなるが、“家畜用栄養剤”を与えると時間経過後に回復する。

 なお、採取や家畜の手入れのたびにプレイヤーの“労働力”が消費される。労働力は時間経過で回復するほか、特定のアイテムで瞬時に回復させることも可能だ。労働力の残量と相談しながら作業を進めることも、農業では重要となるぞ。


【販売】
 種や苗木を自然から手に入れてない限り、収穫したアイテムは販売NPCに売却するだけでは収支がプラスにならない。基本は“便利機能”メニューのオークションハウスで出品して、ほかのプレイヤーに買い取ってもらおう。需要の高いアイテムを見極めれば利益も大きくなるぞ。もちろん、販売せずに錬金術や料理などの製作素材として使ってもオーケーだ。

 成長前のアイテムはスペースさえあればほぼすべてのエリアに設置できるため、農業はどこでも自由に始められる。ただし、ほかのプレイヤーに成長したアイテムを盗まれる危険が常につきまとうほか、設置時に追加で労働力を消費するデメリットもあるのだ。

 よって、まずは自分専用の保護されたスペースが確保できる“農園”を作ることが、農民プレイのスタートとなるだろう。

●レベル10:カカシ農園で農業スタート!
【進行チャート】
クエストでレベルを5まで上げる

騎乗ペットをクエストで入手

グライダーをクエストで入手

双葉アイコンの生活クエストを進行

住宅地区に麦わらカカシを設置

 しっかりと農業を始めるには少々の元手が必要だ。ある程度の強さもあったほうが都合がいいので、メインクエストのストーリーなどを楽しみつつ、レベル30くらいまではゆったり冒険を楽しもう。

 とはいえ、農園の入手自体はレベル10の時点で可能。農業に慣れるためにも、この段階で農園を確保しておくのがオススメだ。

 レベル10になったら、西大陸の場合はウィンドウシェード村・アイスグラス村、東大陸の場合はアイアンヘッド村・贖罪の都市で、双葉のクエストアイコンがついた“ブルーソルト商会”のNPCを探す。NPCに話しかけると、“生活クエスト”という連続クエストが発生するので、順にこなしていこう。

 なお、前述した農業の基本的な流れはこのクエストでも学べるぞ。

 生活クエストをいくつか進めると、報酬として“図面:麦わらカカシ”が手に入る。以降の生活クエストはアイテム製作に関わるものなので、ひとまず無視しても問題ない。

 図面はエリア内の“住宅地区”で使用すると空きスペースに設置して、建設用の土地を確保できる。住宅地区は世界中のいたるところに存在し、空いていれば好きな土地を押さえられるが、ひとまずは最寄りの住宅地区を選ぶといいだろう。

 図面の設置後は、要求される建築材料と労働力を消費して建築を行うことで“麦わらカカシ”が完成する。ほかの建築物の場合は建築材料を自分で集める必要があるが、この場合は前段階のクエスト報酬で手に入れているので設置後すぐ建築に入れるぞ。

 カカシが完成すると、周囲のスペースを占有できるようになる。農業用のアイテムを設置するだけでなく、装飾物を置いたり(制限はあるが)、背中に背負う荷物を一時的に保管したりといった用途にも使えるぞ。

 何を育てたらいいか迷った場合は、ほかの生活クエストで要求されるものや、稲を育てるのがオススメだ。

 なお、農園を含むすべての建築物は、1週間ごとに税金の支払いが発生する。税金は所有物件に応じた数の“建築税証紙”をメールで届く請求書から消費することで納付可能。建築税証紙は自分の建築物で労働力250ごとに5枚製作できるぞ。

●レベル20:改良型カボチャカカシで農業を拡張!
【進行チャート】
クエストと農業でレベルを20まで上げる

改良型カボチャカカシの素材を集める

麦わらカカシを撤去

木工製作台で図面:改良型カボチャカカシを製作

住宅地区に改良型カボチャカカシを設置

 つぎの目標は、レベル20になることと、麦わらカカシを占有スペースの広い“改良型カボチャカカシ”へグレードアップすること。冒険と農業で経験値を稼ぎつつ、“図面:改良型カボチャカカシ”の製作素材となる以下のアイテムを集めておこう。お金に余裕がある場合はオークションハウスで確保してもオーケーだ。

【集めておきたいアイテム】
木材×200……樹木の伐採で得た丸太を木工製作棚で加工
鉄のインゴット×100……鉱脈から採掘した鉄鉱石を溶鉱炉で加工
石材×50……鉱脈から採掘した岩石を石工加工台で加工
生地×25……羊から収穫した羊毛や綿花から採集したコットンを裁縫製作台で加工
革×25……家畜の屠畜(オススメは七面鳥)で得た生皮を革細工棚で加工

 アイテムが集まったら、木工製作台でさらに各種建築材へ加工する。また、現在使っている麦わらカカシを撤去して、図面に戻しておこう。これで図面:改良型カボチャカカシが木工製作台から作れるようになるぞ。

 改良型カボチャカカシを用意できれば、より多くのアイテムが収穫できる本格的な農園となる。広いぶん設置できる空きスペースは探しにくくなるが、以下の条件を踏まえた住宅地区の土地が確保できれば、より農業がスムーズになるはずだ。


【土地選びのポイント】

◆各種施設までの距離……販売NPCに近いほど成長前アイテムの補充がしやすい。また、飛行船、馬車、テレポの書や住民会館が付近にあれば冒険からの帰還や貿易が便利となる。

◆エリアの安全度……マップがオレンジや赤色になっているエリアは周期的に戦争が発生し、住宅地区でも敵対勢力のプレイヤーに襲われる。保護地域や平和エリアなら安全だ。

◆気候……農園で育つアイテムの大半に適応気候があり、エリアの気候と対応している。気候が合致すると成長時間が短縮され、収穫量も増加するぞ。迷ったら温帯のエリアを選ぼう。

●レベル20:デイリークエストで生活ポイントを稼ごう!
【進行チャート】
夏日の滋養食の素材を育成

夏日の滋養食を改良型カボチャカカシ
(農夫の作業台)で製作

夏日の滋養食を使用後、競売人に話しかけて
デイリークエストを完了させる(1日1回)

報酬で生活ポイントを入手

 デイリークエストで“生活ポイント”を貯めると、生活ポイント商人から通常のショップでは購入できないレアな種や苗木を購入できる。ここでも役立つのが改良型カボチャカカシだ。

 改良型カボチャカカシは“農夫の作業台”という製作設備の機能も兼ね備えている。家畜の餌や薬など、農業に便利な多くのアイテムが製作でき、“クエスト”カテゴリからは“夏日の滋養食”を製作可能だ。

 滋養食は製作後、使用することで1日1回限定でデイリークエストが発生。蜃気楼の島ワープゲート前にいる競売人に滋養食を届けることで、以下のアイテムが報酬として獲得できる。

【滋養食クエストの報酬】
・500生活ポイント
・デルフィナードの星×1
・5金
・1750経験値(レベル50以降は1250)

●レベル20:生活ポイントで農業効率をアップ!
【進行チャート】
デイリークエストで生活ポイントを稼ぐ

生活ポイント商人から高級な成長前アイテムを入手

高級品を育てて売却 or 製作素材にする

 生活ポイントで購入できるレアなアイテムは取引単価も需要も高い。農園のスペースをさらに有効活用できる。毎日こなして生活ポイントを稼げるよう、農園で素材を育てておこう。

 また、生活ポイントは夏日の滋養食デイリークエストのほかにも、各地にいるヌイ神殿の神官から受注できるデイリークエストで獲得可能。レベル15からふたつ受注でき、レベル30でさらにひとつ追加されるぞ。

 労働力消費やアイテム確保など、いずれも農業と並行して済ませられるので、毎日受注するクセをつけておくといい。

 さらに、生活ポイントの獲得方法は血盟を組んだプレイヤーと協力してこなす“血盟任務”や、自分の住宅を設置したエリアの住民会館で受けられる“住民クエスト”など多岐にわたる。自分のプレイスタイルにあったものをこなしていこう。

【血盟任務の例】
楽しい生活-農業……複数人で役割を分担しながら設置したカボチャを収穫する
楽しい生活-伐採……複数人で役割を分担しながら設置した原木を伐採する
貿易品配達……商会本部から住民会館へ荷物を運ぶ
など

【住民クエストの例(住民会館の種類によって異なる)】
地域特産品製作人の場合……乾かした花草を100個納品
地域専用種子職人の場合……にょきにょきミミズ100個納品
など


 農民プレイでは、こうしたデイリークエストによる生活ポイント獲得と、生活ポイントを使った高級品の育成、販売をくり返すことが基本スタイルで、徹底すれば確実な黒字化が望める。

 税金さえ払えば多少寄り道をしても農園の維持は可能なので、のんびり農業を楽しむといいだろう。

 ちなみに、デイリークエストで手に入るデルフィナードの星は、蜃気楼の島でさまざまな住宅や車両、船舶などの図面と交換できる。住宅は家具で装飾してハウジングを楽しむだけでなく、アイテム倉庫や労働力の回復、帰還場所の設置といった農業にも役立つ機能が多い。

 また、住宅にも農園のように農業ができるスペースが設けられている。とくに“草屋根の農園”はスペースが広く、水が汲める給水装置も設けられているので、農民プレイを徹底するなら建築に挑戦してみよう。“海上バンガロー”を建築すれば、自分専用の珊瑚の養殖場も確保できるぞ。

●レベル30:熟練度を上げて一流の農民をめざす!
 改造型カボチャカカシや農夫の作業台では、種を束にまとめたり、家畜の畜舎を作ったりすることで、複数の成長前アイテムをまとめて設置できる。スペースが節約できるだけでなく、管理しやすくなるので非常に便利だ。

 ただし、製作にはアイテムに応じた熟練度がプレイヤーに要求される。熟練度はたくさんの種類があり、対応する作業をこなすことで上昇していく。高いほどレアアイテムの入手確率がアップするほか、一定値に達するごとに作業スピードや消費労働力も改善できるぞ。

 農民プレイにおいては、農業、畜産、伐採、採集の熟練度が高まるほど、一流のプレイヤーに近づけると言えるだろう。

 熟練度は基本的に作業を重ねてこつこつ上げていくほかない。だが、レベル25からはブルーソルト商会にて熟練度をブーストする専用装備や称号が手に入る連続生活クエストを多数受注できるようになる。

 連続クエストを最後までクリアーすれば最大1550の熟練度アップが見込める。農業、採集、畜産、伐採に関するものはなるべくチェックしておこう。

 ブルーソルト商会では、レベル15から30にかけて貿易のチュートリアルが学べる連続生活クエストも受注可能だ。

 特産品を製作して別の街で売却する貿易は農業と相性がよく、連続クエストで“図面:カボチャカカシ”も入手できる。農地を拡大するチャンスではあるが、最後のクエストは敵対勢力のプレイヤーに襲われる可能性の高い外洋貿易が目標となる。

 このクエストを護衛することが目標となるクエストが用意されているので、安全に海を渡りたい場合は熟練プレイヤーに声をかけてみよう。

■保存しておきたいアイテム

 生活クエストではレアアイテムの納品を要求されることがある。また、農業に役立つアイテムの製作材料をあらかじめ確保しておけば、より農園をスムーズに管理できるだろう。下記のアイテムを入手したら売却せず、倉庫に温存しておくことをオススメする。

◆ツヤのある種
野菜や穀物の収穫時に低確率で入手。農業の生活クエストや、高熟練度で製作可能な作物などの材料に必要。

◆深香の葉っぱ
草花や薬剤の採集時に低確率で入手。採集の生活クエストで必要。

◆温かい堆肥
“家畜用総合飼料”が餌となる家畜や、畜舎の収穫時に低確率で入手。畜産の生活クエストで必要。

◆軽い原木
ポプラの伐採時に低確率で入手。伐採の生活クエストで必要。

◆堅い原木
伐採時に低確率で入手。伐採の生活クエストや、高熟練度で製作可能な畜舎の製作素材に必要。

◆にょきにょきミミズ
植物の束の収穫時や、雑貨商人から購入する“ミミズが好きな土”を育てることで入手。植物の束を製作する際や釣りに必要。

◆わら束
穀物系作物の収穫時に確率で入手。“家畜用総合飼料”の製作に必要。

●レベル30以降:さらなる目標を見つけよう!
 ここまでくれば、農民として不自由なく暮らしていける。のんびり生活したり、ひたすら金策をしたりと目標設定も自由だが、ここではオススメの新たな目標をふたつ紹介しておこう。参考にしつつ、自分なりのプレイスタイルを見つけてもらえれば幸いだ。

【草屋根の農園を改装】
 農業に特化した住宅である草屋根の農園は、3種の2階建て住宅に改造できる。専用のデイリークエストが受注できるようになるほか、種類に応じて採集、採掘、畜産に役立つ設備も用意されているぞ。
 改造には大量の建築資材だけでなく、住宅などの図面を消費して得られる“魔力の青写真”もたくさん必要となる。農業で稼いだ資金やデルフィナードの星を使ってチャレンジしてみよう。

【大規模農場経営】
 3件以上の物件を所持していると、税金が高額になるため、ひとりで大きな農場を作るのは難しい。しかし、物件の利用権限を血盟や遠征隊に変更して、複数人の物件を共有すれば広大なエリアの農場を管理することも不可能ではない。設置や手入れ、収穫などで役割分担をして農場を経営してみるのもおもしろいだろう。
 広範囲の植物へ一度に水を与えられる“農業用トラクター”も活躍するぞ。

最終更新:5/17(水) 17:02
ファミ通.com