ここから本文です

ドルトムントと合意報道のファブレ監督、代理人は接触を否定「単なる噂にすぎない」

GOAL 5/17(水) 20:31配信

ボルシア・ドルトムントは、ニースを率いるルシアン・ファブレ監督とは接触していない。同監督の代理人がスイス紙『トリビューヌ・デ・ジュネーヴ』で明かした。

トーマス・トゥヘル監督をめぐる退任報道が絶えないドルトムントだが、ここ数日間でニースのファブレ監督が後任候補に浮上していたところ。ドイツ紙『ビルト』は先日、ドルトムントとファブレ監督が個人合意に達し、ニース側との契約解消における交渉のみを残していると伝えていた。

だが、実際にはドルトムント側の具体的な動きはまだなかったようだ。スイス人指揮官の代理人を務めるクリストフ・パヨー氏は「ドルトムントはルシアン・ファブレに、またはニースや私にコンタクトしていない。ドイツでの報道については知っているが、それらは現時点では単なる噂にすぎない」と説明している。

またパヨー氏は今後のドルトムントとの接触の可能性については否定していないものの、「ドルトムントが意思を表明してからの話」とそれ以上のコメントを控えた。

GOAL

最終更新:5/17(水) 20:31

GOAL

スポーツナビ サッカー情報