ここから本文です

Fire TVを内蔵した4Kテレビ「Amazon Fire TV Edition」、米国で6月発売

Impress Watch 5/17(水) 11:38配信

 米Amazonは16日(現地時間)、Fire TVの機能を内蔵した4Kテレビ「Amazon Fire TV Edition」の予約受付を、米国のAmazon.comで開始した。Element Electronicsの製品。17日に編集部で確認した、Amazonでの価格は43型が449.99ドル、50型が549.99ドル、55型が649.99ドル、65型が899.99ドル。6月14日の発売が予定されている。日本のAmazon.co.jpでは取り扱っていない。

【この記事に関する別の画像を見る】

 AmazonのFire TVは、HDMI端子に接続する端末だが、その機能を4Kテレビに内蔵したのが「Amazon Fire TV Edition」。直感的なユーザーインターフェイスを使い、テレビ放送やストリーミング配信が楽しめるテレビとして訴求。Fire TV機能を使う際も、複数のデバイスやリモコンがいらない事を利点としている。

 Netflix、Amazon Video、HBO NOW、Showtime、Hulu、Sling TVなどが利用でき、アプリの利用も可能。4K解像度のストリーミングコンテンツも楽しめる。

 Alexaの音声操作機能もサポートしており、音声入力をサポートするリモコンが付属。簡単な言葉で、チャンネルの変更、アプリの起動、文字入力、映画などのコンテンツ検索、対応するホームデバイスの制御が可能。

 パネルの解像度は全モデル共通で、3,840×2,160ドット。120Hzの倍速駆動も可能。クアッドコアCPUや、GPUチップセットを搭載。メモリは3GB、ストレージメモリは16GB。SDカードやUSB端子を使って拡張も可能。

 Wi-FiとBluetooth 4.1に対応。HDMI入力は4系統備えている。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:5/17(水) 11:38

Impress Watch