ここから本文です

競馬情報料名目、357万円詐取 滋賀の男性被害

京都新聞 5/17(水) 22:50配信

 滋賀県警守山署は17日、守山市の会社員男性(54)が競馬の情報料名目で現金約357万円をだまし取られたと発表した。同署が特殊詐欺事件として捜査している。
 同署によると、4月11日、男性の携帯電話に競馬情報提供会社を名乗る男から連絡があり、「地方競馬では八百長が横行している。1レース300万~400万円で情報を買わないか」などと持ちかけられた。男性は同29日までに4回にわたって計約357万円を指定された口座に振り込んだが、同30日開催のレースで馬券が外れ、男とは連絡が取れなくなったという。

最終更新:5/17(水) 22:54

京都新聞