ここから本文です

<大阪府>籠池氏を告訴へ 幼稚園補助金不正受給の疑い

毎日新聞 5/17(水) 11:28配信

 大阪府は、大阪市の学校法人「森友学園」が運営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)が、補助金約6000万円を虚偽の申請で不正に受給していた疑いがあるとして、学園の籠池泰典前理事長(64)を詐欺容疑で大阪地検に近く刑事告訴する方針を決めた。既に地検側と情報交換を進めている。府は17日にも学園に補助金の返還を命令する。

 塚本幼稚園は、専任教員の数に応じて支払われる補助金と、障害のある園児の数に基づいて支給される補助金を受給していた。府は3月下旬以降、立ち入り調査を2回実施し、関連書類を保存する義務のある2011年度以降の補助金について調査を進めてきた。

 その結果、専任教員数への補助金では、勤務実態のない教員が申請されていた。また、学園系列の社会福祉法人が運営する「高等森友学園保育園」(同)の職員でもある籠池夫妻ら数人が11年度以降、幼稚園の専任職員として申請書類に記載されていたことが判明。障害のある園児数への補助金でも保護者へのアンケートの結果、事前説明など必要な手続きが取られていなかった疑いが強まった。

 府は、学園が少なくとも11年度から虚偽申請を続けていた可能性があるとして、書類の作成に中心的に関わっていた籠池前理事長を刑事告訴する方針を決めた。

 森友学園を巡っては、籠池前理事長が国の補助金を不正受給した疑いがあるとして、大阪地検特捜部が小学校建設工事に関わった業者らの聴取を始めている。【岡崎英遠】

最終更新:5/17(水) 13:51

毎日新聞