ここから本文です

コロナ、施設・オフィス向けの多機能加湿装置「ナノフィール」

Impress Watch 5/17(水) 11:57配信

 コロナは、施設・オフィス向けの多機能加湿装置「ナノフィール」4機種を7月上旬より順次発売する。据置型の「CNF-S3000C」、寒冷地向けの据置型「CNF-S3000CK」、移動型の「CNF-M1800C」、寒冷地向けの移動型「CNF-M1800C」の4機種で希望小売価格は順に880,000円、890,000円、580,000円、595,000円(いずれも税抜)。

 世界初となる「ナチュラルクラスター技術」を用いて、ナノサイズの水粒「ナノミスト」や、水分子マイナスイオンの「ナチュラルクラスターイオン」を大量に発生させる多機能加湿装置。本体では、「加湿」「消臭」「除菌」「空気清浄機」の効果が期待できるという。人が多く集まる空間を快適に保つための装置として、医療・介護福祉施設やスポーツ施設、教育施設、オフィス向けに開発された。

 新モデルは、加湿量を抑えることで夏場でも快適な運転ができる「さわやか清涼運転」を新たに搭載。さらに据置型については、入・切タイマー(24時間)設定のほか、指定した曜日に運転できる「ウイークリータイマー」も搭載した。

 給水・排水については、据置型は自動で行なうため手間が不要。また移動型は、本体内部の給水タンクに1回に給水で約8時間~最長16時間運転でき、運転停止時または1日1回排水タンクの水を捨てるだけで済むという。

 移動型は電気工事は不要で、コンセントに接続するだけで使えるほか、大口径のキャスター仕様のため、使いたい部屋に簡単に移動できる。なお据置型・移動型ともに、別売りの操作部カバーを使用すれば、鍵付き仕様に変更できる。

 据置型の本体サイズは、520×390×1,495mm(幅×奥行き×高さ)、重量は58kg。加湿量は最大3.0L/h(室温20℃、湿度40%)。適応床面積は、最大138m2(プレハブ洋室)、最大85m2(木造和室)。

 移動型の本体サイズは、528×545×1,350mm(同)、重量は58kg。加湿量は1.8L/h(室温20℃、湿度40%)。適応床面積は、最大82m2(プレハブ洋室)、最大50m2(木造和室)。

家電 Watch,阿部 夏子

最終更新:5/17(水) 11:57

Impress Watch