ここから本文です

対北朝鮮「新たな制裁、中国と協議中」 米の国連大使

朝日新聞デジタル 5/17(水) 11:23配信

 北朝鮮の14日の弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は16日午後(日本時間17日午前)、米ニューヨークの国連本部で緊急会合を開き、北朝鮮への圧力強化の必要性などを検討した。米国は新たな制裁の可能性について中国と協議を進めており、中国の対応がカギとなる。

 非公開の会合後、議長国ウルグアイのロセリ国連大使は会見で「様々な手段の可能性を話し合った。明らかに制裁はその一つだ」と述べた。日本の別所浩郎・国連大使によると、圧力強化を求めるメンバー国は、日米以外にも「何カ国かあった」という。

 米国のヘイリー国連大使は会合前に会見し、中国と対北朝鮮の新たな制裁についての協議を始めていることを明らかにした上で、既存の制裁をきちんと履行していない国々があると指摘。「米国は名指しで指摘するし、そういった国々を制裁対象にもする」と警告した。

朝日新聞社

最終更新:5/17(水) 11:23

朝日新聞デジタル