ここから本文です

小室圭さんの人柄を友人が告白「王子様みたいな人」

スポーツ報知 5/17(水) 8:44配信

 17日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で秋篠宮家の長女眞子さま(25)と婚約される国際基督教大(ICU)時代の同級生だった小室圭さん(25)の友人、知人が小室さんの人柄を明かした。

 2010年に神奈川県藤沢市の観光をPRする「湘南江の島海の王子」に選ばれ、約1年間活動していた小室さん。当時、共にPR活動を行っていた女性は「とてもさわやかでかっこいい、王子様みたいな人だなと思いました。弟キャラというかみんなにかわいがられる」と振り返った。同じ時期にPR活動を行っていた男性は「堂々とハキハキと明るい」と明かし、塾講師のアルバイトをしていた時の上司の男性は「偉ぶっているところがないので優しい感じ」と話していた。

 大学時代の同級生の男性は交際について「まったく知らなかったです。同期も誰も知らないはずです」と驚いた。「海の王子」に選ばれていたため学生時代は、友人からも「王子」のニックネームで呼ばれていたという。人柄について「初対面の人にもすぐに友達になってしまう。彼のオープンなところと明るい性格がなせるところだと思います」と振り返り、大学時代は「授業では一番前に座って、教授の方を見てうなずいているんですね。明るいんだけどすごくまじめ。ちゃんとしているんだけど、偉ぶらずに人を笑わせてくれる人。彼を嫌う人は誰もいないんじゃないかと思います」と明かした。

 同じマンションに住む女性は「小さいころから賢くてかわいいかった」と明かし、バイオリンを「いつもちゃんと練習していました」という。小室さんの母親について「小学校の時にお父さんを亡くされて、それから女手一つで育てられてきたのでご苦労があったと思います」と思いやり、婚約が明らかになった16日夜には「眞子様と婚約されることになったことと報道の方が来られるので迷惑をかけるかもしれない」とあいさつがあったという。

 小室さんは現在、都内の法律事務所に勤務しており、一橋大の大学院にも通学している。

 皇室関係者によると、小室さんは横浜市港北区の在住。眞子さまは約5年前に友人を介して知り合い、約1年後にはプロポーズを受けた。互いの住まいがある東京都内や神奈川県内でデートを重ね、秋篠宮ご夫妻も公認の仲だったという。

最終更新:5/17(水) 9:22

スポーツ報知