ここから本文です

原爆死没者名簿に風通し 広島平和公園

朝日新聞デジタル 5/17(水) 11:33配信

 原爆で被爆し、昨年8月5日までに死亡が確認された人たちの名前を記した原爆死没者名簿の「風通し」が17日、広島市中区の広島平和記念公園であった。昨年8月6日には新たに5511人の名前が加わり、現在、長崎の9人を含む30万3204人の名前や死没年月日が、全112冊の名簿に記されている。

【写真】慰霊碑の石室から取り出され、風通しされる原爆死没者名簿=17日午前9時、広島市中区、上田幸一撮影

 広島市原爆被害対策部の職員らが、広島への原爆投下時刻の午前8時15分に黙禱(もくとう)。原爆死没者慰霊碑の石室内に納められた名簿を取り出し、1冊ずつページをめくって風にさらした。

 湿気を取り除き、名簿の状態を確認するために毎年この時期に行っている。昨年8月6日以降に死亡が確認された人の名前については、今年8月6日の平和記念式典で奉納される。(宮崎園子)

朝日新聞社

最終更新:5/17(水) 12:25

朝日新聞デジタル