ここから本文です

生誕60周年の今年、ぜひ訪れたいスカイラインの聖地「プリンス&スカイラインミュージアム」

レスポンス 5/17(水) 20:15配信

初代のプリンス『スカイライン』が登場したのが1957年だから、今年はデビュー60周年の記念すべき年ということになる。そんな今年、日産スカイラインのファンならずともぜひ訪れておきたい場所、それが長野県岡谷市の「プリンス&スカイラインミュージアム」だ。

[関連写真]

首都圏からだと国道20号線を西に走り、諏訪湖を過ぎて岡谷から塩尻へと抜ける途中に鳥居平がある。諏訪湖を望むこの丘に1997年に日本で初めての単一車種を紹介する自動車博物館として開館した「プリンス&スカイラインミュージアム」はある。博物館は岡谷市の鳥居平やまびこ公園の中に建ち、建物は岡谷市が所有し、ミュージアムの運営を公益財団法人おかや文化振興事業団が運営している博物館だ。

筆者が訪れたのは平日だったので、周辺のやまびこ公園では近所の幼稚園児などが遊びに来ており、博物館自体もかなりゆっくり見学することができた。それでも「多い方は年に何度もお見えになります。毎年展示車も入れ替わりますので、リピーターの方もかなりいらっしゃいますね」と職員の方が教えてくださった。

展示スペースには所狭しとスカイラインや、貴重なプリンス時代に製造された乗用車のみならず商用車など、30台ほどが展示されていた。その中にはもちろん人気の「GT-R」も含まれているが、興味深いのは、走行試作車のようなクルマを間近で見ることができる点だ。

半ば投機的な目で見られることも少なくない古いクルマながら、希少価値ではなく、そのクルマがあったからこそ今まで脈々とその名が受け継がれて今がある。そういう歴史的に欠かせない一台に出会えるの、そんなコレクションではないだろうか。

ここからの景色がネーミングの由来とリンクするということで、スカイラインの生みの親と言ってもいい故・櫻井眞一郎氏も設立には尽力され、初代名誉館長にも就任されていたという「プリンス&スカイラインミュージアム」。

鳥居平からの景色を眺めながら、今もなお現役モデルが販売されている「スカイライン」を肌で感じ、還暦を迎え今もなお数ある日本車の中で歴史とストーリーを紡ぎ続けているスカイライン。その創世記に束の間のタイムスリップをするかのようなひと時を過ごすことのできる、岡谷市の「プリンス&スカイラインミュージアム」。2017年のうちに、クルマ好きならぜひ一度訪れておきたい。

《レスポンス 中込健太郎》

最終更新:5/17(水) 20:15

レスポンス