ここから本文です

<山辺節子被告>別の詐欺容疑で再逮捕 熊本県警

毎日新聞 5/17(水) 12:40配信

 熊本県警は17日、大企業へのつなぎ融資を名目にした架空の投資話で現金約1550万円をだまし取ったとして、同県益城町出身の無職、山辺節子被告(62)=詐欺罪で起訴=を別の詐欺容疑で再逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2014年9月ごろ、青森市長島のレストランで市内の自営業女性(53)に元本保証や配当金を約束して架空の投資話を持ちかけ、15年6~7月に2回にわけて現金計約1550万円を山辺容疑者名義の銀行口座に振り込ませてだまし取ったとしている。県警によると、山辺容疑者は同様の手口で熊本県内を中心に少なくとも70人から計7億円以上を集めたとされる。【野呂賢治】

最終更新:5/17(水) 12:51

毎日新聞