ここから本文です

首相と日銀総裁が会談=4カ月ぶり、G7踏まえ議論

時事通信 5/17(水) 12:31配信

 安倍晋三首相と黒田東彦日銀総裁は17日、首相官邸で1時間余り会談し、世界経済や内外の金融市場動向などについて幅広く意見交換した。

 黒田総裁は先週、イタリアで開かれた先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議に出席している。

 首相と黒田総裁が官邸で会談するのは1月以来4カ月ぶり。黒田総裁は会談終了後、記者団に対し、「一連の国際会議が終わったところで、(世界や日本の経済について)話をした。金融政策の要請はなかった」と述べた。

 また、来年4月までとなっている黒田総裁の残り任期が1年を切る中で、再任を含めた相談があったかとの質問に対しては、「そういう話は私は一切する立場にない」と語った。 

最終更新:5/17(水) 13:41

時事通信