ここから本文です

無線ロボットの接続切れを事前予測、KDDI研が開発

Impress Watch 5/17(水) 12:15配信

 KDDI総合研究所は、無線LAN経由で操作するロボットの遠隔操作を安定化するための技術を開発した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回開発された技術は、無線切断を数秒前に予測し、操縦者に注意を促すという内容。大和ハウス工業が開発した建物などの点検用ロボット「moogle(モーグル)」で利用可能としている。

 「moogle」は、床下のような狭小空間の点検に活用されるロボット。無線LAN経由で遠隔操作する方式だが、建物の構造によっては無線接続が不安定になり、ロボットからの映像が遅れたり、操作がしにくくなったりする課題があった。

 KDDI総合研究所は、捜査中の無線強度の変化と操作履歴から、数秒後に無線が不安定になることを予測するアルゴリズムを開発。予測結果をmoogleの操作画面に表示することで、操作者が適切な対応を取れるようになる。

 これにより、moogleを利用するために必要だった、無線の強度変化の事前把握が不要となり、作業時の手間が大幅に削減される。

ケータイ Watch,石井 徹

最終更新:5/17(水) 12:15

Impress Watch