ここから本文です

官房長官「皇位安定、引き続き検討」=民進「女性宮家明記を」―眞子さま婚約

時事通信 5/17(水) 12:38配信

 菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまが婚約されることについて、「まだ正式発表ではない。静かに正式発表を待ちたい」と述べた。

 女性皇族が結婚で皇室を離れることに伴う皇族減少への対応策に関しては、「(3月の)衆参正副議長のとりまとめを厳粛に受け止め、引き続き安定的な皇位継承を検討していく考えに変わりはない」と語った。

 民進党の蓮舫代表は17日の党参院議員総会で眞子さまの慶事に触れ、「皇族減少という現実に私たちは直面している」と指摘、天皇退位を可能にする特例法案の付帯決議に、女性宮家創設について「しっかりと書き込んでいくべきだ」と訴えた。同党の笠浩史国対委員長代理も記者会見で同様の考えを示したが、「政治的に絡めて考えていくべきではない」とも指摘した。

 公明党の山口那津男代表は党参院議員総会で「明るいニュースだ。こうした雰囲気は大切にしながら、今後の国民の期待に応えていきたい」と語った。 

最終更新:5/17(水) 12:42

時事通信