ここから本文です

短時間の多量カフェイン摂取に注意、米少年死亡受け呼び掛け

ロイター 5/17(水) 14:57配信

[17日 ロイター] - 米サウスカロライナ州コロンビアで、16歳の男子高校生が短時間に多量のカフェインを取ったことが原因で死亡したと、検視官が明らかにした。

この少年は先月、大手ファストフードチェーンのラテ、炭酸飲料マウンテンデューのラージサイズ、高カフェインのエネルギードリンクを2時間以内に摂取した後、体調を崩したという。

同州リッチランド郡のゲーリー・ワッツ検視官は、カフェインの影響で不整脈を引き起こしたのではないかとの見方を示した。

少年は健康状態に問題はなく、心臓に疾患があると診断されたこともなかったという。

ワッツ氏は、アルコールと同じようにカフェインの摂取にも注意を払うべきだと呼び掛けた。

最終更新:5/17(水) 14:57

ロイター