ここから本文です

<台湾>対日窓口機関が「台湾日本関係協会」に名称変更

毎日新聞 5/17(水) 17:26配信

 【台北・福岡静哉】台湾の対日窓口機関が17日、名称を「亜東関係協会」から「台湾日本関係協会」に変更した。日台は1972年の断交以来、外交関係がなく、同協会が実務関係を維持してきた。日本側の窓口機関も1月、「交流協会」から「日本台湾交流協会」に改名している。名称を明確化し、関係強化を目指す狙いがある。

 中国が「一つの中国」原則を掲げているため、両協会はこれに配慮し、名称に地名を入れてこなかった。中国は日本側が改名した際、「強烈な不満」を表明している。

 17日に台北市であった看板除幕式で邱義仁(きゅう・ぎじん)台湾日本関係協会長は「改名によって協会の役割が明確化し、責任もさらに重大になる」と語った。

最終更新:5/17(水) 17:26

毎日新聞