ここから本文です

【イタリア国際】錦織圭がフェレールにストレート勝ち 右手首は「全く問題ない」

5/17(水) 20:49配信

東スポWeb

【イタリア・ローマ17日発】テニスのイタリア国際男子シングルスで、世界ランキング9位の錦織圭(27=日清食品)は初戦の2回戦で同30位のダビド・フェレール(35=スペイン)を7―5、6―2のストレートで破り、3回戦に進出した。

 右手首痛に苦しむ錦織は約1か月半ぶりの試合となった先週のマドリード・オープンで、準々決勝のノバク・ジョコビッチ(29=セルビア)戦を前に棄権。右手首の具合が心配されたが、サーブは安定し、第1セットの第5ゲームをブレークに成功した。

 しかし、続く第6ゲームにブレークバックされて、波に乗れない。第9ゲームのブレークのチャンスも生かせなかったものの、何とか第11ゲームをブレークし、第1セットを先取した。

 これでようやく流れに乗った錦織は、第2セットの第1ゲームをいきなりブレーク。第4ゲームでブレークし返されたが、すかさず第5ゲームをブレークしてペースを譲らなかった。

 試合後の錦織は「コンディションが先週と違うので、じっくりとポイントを積み重ねた。相手のミスとかラッキーがあって、流れに乗れた。まだまだ修正することはある」と話しながらも、右手首の状態については「全く問題なく、大丈夫だと思います」ときっぱり。同じクレー(赤土)コートで行われる全仏オープン(28日開幕)へ向けて、まずは順調をアピールした。

最終更新:5/17(水) 20:49
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ